糖尿病は耳鳴りの原因の1つだった

耳鳴りサプリ

糖尿病は耳鳴りが起きる原因の1つ

 

糖尿病は耳鳴りが起きる原因として近年注目されるようになりました。

 

糖尿病になると難聴や耳鳴りのリスクが一気に高まってしまうのですが、耳鳴りは糖尿病の合併症であるという調査報告が2012年にアメリカで行われた事で認知されるようになりました。

 

そして調査グループによる分析の結果、ほぼ全ての研究において糖尿病と耳鳴りを初めとした聴力障害に関連していました。

 

その結果、糖尿病患者は健常者と比較して聴力障害の発症リスクが何と2.15倍も高くなっていたのです。

 

糖尿病=高血糖の状態になってしまい、血液に含まれるヘモグロビンが投下する事によって酸素を運搬する役目を果たさなくなり余分なタンパク質となって血管の中で増えていきます。

 

こうなってしまうと血液から酸素をきちんと運ばれなくなった体の各所に錆が発生するかのような機能低下を引き起こします。

 

そして難聴や耳鳴りといった身体に起きる聴力障害が出てきてしまうのです。

 

今回は糖尿病と耳鳴りの関係の因果関係の理解を深めるために原因や対策をご紹介します。

 

糖尿病について知っておくべき事

糖尿病について知っておくべき事があります

 

糖尿病は一度なってしまうと完治が困難な疾患です。

 

糖尿病自体は2種類に分類され、1型と2型に分かれています。この違いは遺伝性なのか生活習慣によって起こるかになります。

 

1型の場合、遺伝による先天性であるがために完治する事は非常に困難な物となってしまいます。

 

2型の場合、生活習慣が元で発症しているので、血糖値をコントロールする事によって症状を改善させる事は可能となります。

 

糖尿病は完治しない病気と一般的に認知されているようですが、それは1型のみを注目していた方が多いので、そう思われてしまっているのが現状です。

 

糖尿病の状態を分かりやすく説明すると、血糖値を下げる役割を持つホルモン物質であるインスリンがきちんと作用せず、血中に含まれる血糖であるブドウ糖が多くなっている状態です。

 

インスリンは内臓の1つである膵臓(すいぞう)で分泌されるのですが、食後に血糖値が上昇するのは、食事によって多くインスリンが分泌されるからです。

 

そのインスリンが上手く働かない事によって血中のブドウ糖の濃度が高くなり、結果的に血糖値が上昇します。そして、この状態が続く事によって糖尿病となるのです。

 

高血糖の状態になると体にも様々な反応が起きるようになります。

  • 異様に喉が渇く
  • 尿の回数が増える
  • 体が疲れやすくなる
  • 食べているのに体が痩せる

 

これらの自覚症状が起き始めると糖尿病になっている可能性が考えられますので、すぐに病院へ行って検査を行うようにしてください。

 

特に2型になりやすいのは生活習慣の乱れで太り気味の方です。食事やおやつに糖分の多く含まれている物をよく食べている場合、血糖値が上がりやすい特性があります。

 

またジュースも糖分を多く含んでいるので習慣的に飲み続けると血糖値が上がって行きます。

 

糖尿病の方の小便に蟻がが群がるという話もありますが、あれは本当の話で小便に甘い香りが付いているのは糖が多く混じっているからなのです。

 

そして甘い小便に蟻が群がっているとブログで記事を書いている糖尿病の方もいるのです。それだけ糖が体の中で作られ続けているという事の証明とも言えます。

糖尿病は合併症も起こす

糖尿病は合併症も引き起こすので厄介です

 

糖尿病になってしまうと体の各所に影響が出ますが、合併症を起こしやすい状態となってしまいます。

 

糖尿病だけでも厄介な疾患なのですが、他の症状も引き起こすので厄介極まりありません。

 

ではどのような合併症が起きるのか?をご紹介いたします。

  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性神経障害
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 心筋梗塞
  • 歯周病
  • 認知症

 

これらの合併症はごく一部なのですが、糖尿病は数多くの合併症を引き起こし、命に係わる病気が多くを占めます。

 

命に係わる合併症が起きる理由は、先ほど述べた血管の中が錆びつくことによって起きる影響に他なりません。

 

血液は体全体を巡っているので、錆びつく場所の疾患が起きやすくなってしまうのです。

 

耳鳴りはこれらの合併症にも関係してるとも考えられ、特に糖尿病性神経障害による原因もあるのではないか?と疑われています。

糖尿病で耳鳴りが起きる原因

糖尿病で耳鳴りが起きる直接的な原因

 

糖尿病になると様々な神経障害が起きます。耳鳴りの原因とされているのが末梢神経や自律神経の乱れです。

 

糖尿病によって起きる神経障害ですが、末梢神経と自律神経に対する影響が最も強く、眩暈(めまい)・耳鳴り・難聴の原因です。

 

末梢神経は体の至る所に存在する神経線維であり、木の根っこのような形をイメージすると分かりやすいでしょう。

 

耳鳴りは自律神経や末梢神経が乱れる事によって耳の中にある蝸牛と呼ばれる部位がリンパ液によって圧迫されてから起きます。

 

糖尿病によって神経機能が乱れる事によって耳鳴りが発症すると覚えておいてください。

糖尿病による耳鳴りを改善する方法

糖尿病によって起きる耳鳴りを改善する方法は?

 

糖尿病によって起きる耳鳴りを改善するには、大元となっている糖尿病の治療を行う事が最優先です。

 

疾患による症状として起きている耳鳴りなので、糖尿病を治す事で耳鳴りの症状も消えていくでしょう。

 

糖尿病の対策として行うべき事は、病院でまず検査を行ってから決めなければなりません。医師の診察を受けてから治療を始めるのが安心です。

 

実際に医師の指示で行う治療の方法として以下の3つの方法があります。

  1. 投薬治療
  2. 食事療法
  3. 運動療法

 

1つ目の投薬治療は名前通りに薬を摂取して行う治療法です。

 

糖尿病の改善の方向性として共通しているのは「血糖値を下げる」という事です。

 

あまりにも血糖値が高い場合、最も効果の高い投薬治療が一番早く対処できます。

 

投薬で使用される薬には3種類あり、以下の薬を処方されます。

  1. α−グルコシダーゼ阻害薬
  2. スルフォニル尿素薬
  3. インスリン抵抗性改善薬

 

こういった薬を使用して血糖値を下げていく事になります。

 

2つ目の食事療法ですが、これは肥満によって糖尿病になった方向けがほとんどです。

 

食事に夜カロリーの摂取過多、酒の飲み過ぎによって血糖値が上がっている状態なので医師からは食事に関する制限を支持されます。

 

食事内容で避けるべき糖質や、1日の摂取カロリーといったものです。

 

特に飲み物は水とお茶だけを飲むように指示され、糖分が多いジュースは飲まないようにと言われるでしょう。

 

ただ食事のカロリーを減らせば良いというものでもなく、栄養バランスが取れているというのが前提での食事制限となります。

 

自分1人では難しい食事制限ですが、家族の理解と協力があれば徐々に食事習慣も買えていく事が出来るようになります。

 

3つ目の運動療法ですが、これは運動を行う事によって体を活性化させて肥満解消とインスリン効果を高めるための物です。

 

運動不足によってインスリンの働きが低下する事でも糖尿病が起こる場合もあるのです。

 

おすすめの運動は最初のうちは軽めに約30分から1時間ほどのウォーキングが良いでしょう。

 

急激な運動は心臓に負担がかかるので、まずは軽い負荷の運動から始めて慣れていく毎に負荷を高めていくのが安全です。

 

以上の3つが糖尿病の改善に役立つ対策となります。

耳鳴りの解消に役立つ成分

耳鳴りの解消に役立つ成分がおすすめ

 

糖尿病を改善する対策と同時に、耳鳴りを治すための対策も行う事をおすすめします。

 

耳鳴りは耳の中の蝸牛付近のリンパ液が増えてしまう事による圧迫でおこります。

 

このリンパ液の圧迫を抑えるために欠かせない成分がトリプトファンとアミノ酸です。

 

これらの成分が耳鳴りにとって有効な成分で、摂取する事によって耳鳴りが改善された研究結果も報告されています。

 

そのトリプトファンとアミノ酸を多く含むのが蜂の子ですが、元の状態だと非常に摂取しにくいために現在はサプリメントとして加工されています。

 

蜂の子サプリはローヤルゼリーの3倍のアミノ酸含有量があるので、より効率的に耳鳴りの改善が行えるでしょう。

 

糖尿病の改善と同時に耳鳴りの改善も行う事で、少しでも早く耳鳴りが解消されるかもしれません。

 

蜂の子サプリの中でおすすめは山田養蜂場の酵素パワー蜂の子です。

 

>>山田養蜂場の酵素パワー蜂の子