難聴の改善に蜂の子サプリメントがおすすめ

難聴の予防と改善に役立つ蜂の子サプリメント

 

耳鳴りサプリメント

ある日いきなり耳が聞こえにくくなったり、徐々に日常の会話がしにくくなっていくのは難聴が起きているからです。

 

難聴が起きる原因は日常生活と深くかかわっており、人によって難聴が起きる原因も違ってきます。

 

もし難聴が起き始めた時、早期の対策を行う事で症状を改善及び予防する事が可能となります。

 

特に難聴に対して効果が見られる成分は蜂の子です。これは耳鳴りに対しても有効な成分が多く含まれています。

 

蜂の子には難聴に関わっている自律神経を整えるためのトリプトファンと呼ばれる成分が豊富に含まれています。

 

他にもタンパク質・必須アミノ酸・各種ビタミン類も含んでおり、蜂の子だけで様々な食材に含まれている有効成分が摂取できるスーパーフードでもあるのです。

 

難聴の改善と予防に是非とも蜂の子をたっぷり含んだサプリメントの摂取をおすすめします。

 

これで日常の会話もストレスなく行い、楽しく毎日を過ごせる日々を取り戻しましょう!

 

 

 

以下に難聴に関する情報をまとめましたので、ご参考ください。

 

難聴の定義

難聴の明確な定義

 

耳鳴りサプリランキング

難聴は純音聴力検査で測定した時の数値によって認定されます。

 

平均聴力20デシベルまでを正常とし、50~70デシベルを中等度難聴、71~90デシベルを高度難聴、90デシベル以上を聾(ろう)と診断しています。

 

また、難聴が起こる時期によって先天性難聴(生まれつきの物)と後天性難聴(病気によって起こる物)に分けられており、それぞれ原因が違ってきます。

 

難聴とは言っても高音が聞きにくかったり、低音が聞こえにくかったり、母音が聞けても子音が聞きにくいといった症状がありますが、これも大元の原因によって違いがあります。

 

しかし、未だに原因不明の難聴も数多くあり、今の医学でも解明されていないのが現状です。

 

難聴の種類

難聴の種類は大きく分けると6つある

 

難聴というのは様々な症例をまとめた総称でしかありません。

 

それぞれ起きる原因によって分類される難聴は大まかに6種類があります。

 

高齢になってから起きる症状から、幼児期に起きる症状まで年代によっても違ってきます。

 

以下の6種類に分類されます。

  1. 突発性難聴
  2. 薬剤性難聴
  3. 騒音性難聴
  4. 老人性難聴
  5. 心因性難聴
  6. 幼児難聴

これらの難聴を1つずつ解説していきます。

 

突発性難聴

突発性難聴は急に音が聞こえなくなる症状

 

耳鳴りサプリランキング

突発性難聴はある日突然耳が突然聞こえにくくなり、耳の奥が物で詰まった感じや耳鳴りが起きます。

 

他にも眩暈(めまい)やふらつきが出る事もあり、場合によっては吐き気を催して気分が悪くなるケースもあります。

 

特に40~50代になってから起きやすい傾向にありますが、小さい子供や高齢者にも起きる事もあります。

突発性難聴の原因

突発性難聴になる原因は現代の医学でも全く持って不明です。

 

現在の有力な見方は、ストレス・疲労・内耳の循環不全・ウイルス感染が考えられています。

突発性難聴の治療法

突発性難聴の治療は基本的に投薬で行われます。

 

耳鳴りサプリランキング

使用される薬剤はステロイド・循環改善薬・代謝賦活薬・ビタミン剤などがあり、飲み薬が主な物です。

 

ですが、場合によって星状神経節の神経ブロックを行ったり、高気圧酸素療法がおこなわれる事もあります。

 

突発性難聴の治療は早期であるほど効果が高いのですが、発生してから2週間以上が過ぎた場合は聴覚の改善が難しくなってしまいます。

 

また、通常の突発性難聴であれば一度治ると再発の心配もなく、日常生活を送れるようになるでしょう。

 

突発性難聴の予防をするには蜂の子サプリメントを飲む事が有効です。

 

薬剤性難聴

薬剤性難聴は薬の影響で起きる症状

 

耳鳴りサプリメント

薬剤性難聴は他の病気の治療によって使用した薬の影響によって起きてしまいます。

 

病気の治療薬によって内耳に障害が起こり、耳鳴りが起きて聞こえが悪くなってしまいます。

 

前庭と三半規管に障害が出た場合、めまい・ふらつき・吐き気・頭痛などが起こります。

 

両側の耳に障害が出た場合、歩行時に景色がブレだして歩行障害が起きてしまい、歩行が困難になってしまいます。

薬剤性難聴の原因となる薬

薬剤性難聴を起こす原因となる薬剤は以下になります。

  • 抗菌薬⇒ストレプトマイシン・カナマイシン・ゲンタマイシンなど
  • 利尿剤⇒フロセミド
  • 抗がん剤⇒シスプラチンなど

これらの薬がありますが、種類によって影響を起こす部位が違います。

 

蝸牛に障害を起こす薬はジヒドロストレプトマイシン・カナマイシンなどです。

 

また前庭と三半規管に障害を起こす薬は硫酸ストレプトマイシンがあります。

 

基本的に薬剤性難聴は両方の耳が聞こえにくくなるのですが、片方の耳にだけ影響が出るケースもあります。

薬剤性難聴の治療法

薬剤性難聴の治療は、原因となっている病気の治療薬の使用を中止する事です。

 

耳鳴りサプリ

薬剤性難聴は他の病気の治療薬による影響が原因で起きているので、薬剤による治療を行っても殆どの場合が改善効果は見られません。

 

そこで医師に相談したうえで指示を受けるようにしてください。自分の判断で治療薬の服用を中止するのはおすすめできません。

 

診察を行い、難聴が起きにくい服用薬に変更してもらえるケースもあるので、そのまま元の病気の治療が行えます。

 

薬剤性難聴の予防には蜂の子サプリメントは残念ながら効果がありません。

 

ただし、大元の耳鳴りを生じたり自律神経の乱れが原因の病気に関してであれば有効です。

 

騒音性難聴

騒音性難聴は大きな音によって起こる症状

 

耳鳴りサプリランキング

騒音性難聴は名前の通り、大きな音が原因となって耳が聞こえなくなります。

 

ライブハウスやクラブといった騒音が響く環境に長時間いる事で起こり、何度も繰り返されるうちに耳鳴りが起き始めます。

 

特に多いのがパチンコをする人で、店内の騒音によって店を出ると耳がキーンとなるのが繰り返されると起きやすくなります。

 

騒音性難聴は徐々に会話の音域の声が聞こえにくくなった時に初めて気付く事がほとんどです。

 

初期の騒音性難聴の場合、4000Hzの高音が聞こえにくくなりますが、症状が進行するにつれて広い周波数の範囲の音が聞こえにくくなってしまいます。

 

難聴が徐々に起きずに1度の騒音で急激に聴力が落ちる場合、「音響外傷」もしくは「急性騒音性難聴」と呼んでいます。

 

また高い周波数の音であればあるほど耳へのダメージは大きくなり、逆に低い周波数では難聴にはなりにくいです。

 

高音が多い音楽をヘッドホンで聞くときに、大音量で聞きつづける事でヘッドホン難聴も最近増えてきている

騒音性難聴の原因

騒音性難聴は大きな音によって耳の内部にダメージを受ける事が原因です。

 

大きな音の振動によって内耳の奥にある蝸牛の血流が滞ったり、感覚細胞の一部が脱落して起こります。

騒音性難聴の治療

騒音性難聴の原因となる感覚細胞は一度傷ついたら再生する事は不可能です。

 

この場合の難聴は回復が困難であり、騒音のある場所で過ごす際には耳栓および耳あてを装着し、耳を保護する事と耳を休ませる事が必要です。

 

急に起きる音響外傷に関してはステロイドの使用が効果的ですが、長期のダメージの蓄積による外傷ですと効果が見られません。

 

できるだけ外傷を受けない環境で過ごす、もしくは予防を心がけるのが一番です。

 

騒音性難聴の予防に蜂の子サプリメントは有効ですが、感覚細胞の傷だけは回復できない事を理解しておいてください。

 

老人性難聴

老人性難聴は加齢によって起こる症状

 

耳鳴り

老人性難聴は誰しもに起こる加齢によって耳が聞こえにくくなる症状の事です。

 

難聴の初期症状は高音域が聞こえにくくなり、会話音域を経て低音域の順で聞こえにくくなっていきます。

 

また、難聴が起き始めた際の左右の耳の聞こえにくさの進行度合いは同じ度合です。

 

特に50歳を超えた辺りから起きやすくなる傾向があり、音は聞こえているけれど何を言っているのかが分からなくなってしまい、聞き取り能力の低下も見られます。

 

さらに老人性難聴になる事で認知症が連動して起きる可能性が高くなってしまいます。

老人性難聴が起きる原因

老人性難聴が起きる主な理由は加齢によるものです。

 

加齢によって内耳蝸牛の感覚細胞や血管をはじめ、音を内耳から脳へと伝える神経路や中枢神経路に障害が起きてしまいます。

 

主に脳に伝える音の伝達に支障が生じて発症するケースがほとんどです。

 

また喫煙・動脈硬化・精神的ストレスなどでも聴力は低下してしまうので注意が必要です。

老人性難聴の治療法

老人性難聴を回復させる治療法は残念ながら存在しません。

 

完治させる事はできませんが、聴力を取り戻す方法として補聴器の装着があります。

 

日常生活の会話に支障が出ている場合、補聴器の使用を検討した方が良いでしょう。

 

補聴器には主に耳穴型(挿入型)・箱型・耳かけ型があり、それぞれに長所と短所があるので出力の範囲、操作のしやすさ、価格帯を見て決めるようにしてください。

 

完治は無理ですが、老人性難聴の進行を遅らせる事は可能ですので蜂の子サプリメントで有効成分を補給していくのがおすすめです。

 

心因性難聴

心因性難聴はストレスが原因で起きる症状

 

耳鳴りサプリメント

心因性難聴は精神的な物によって引き起こされるので、耳に異常が起きずに発症してしまいます。

 

外傷などの検査を行ったとしても耳や脳に対して難聴を起こすような障害が一切見られないのが特徴です。

 

会話のコミュニケーションにも支障が無いにも関わらず、聴力検査を行うと難聴が確認できます。

 

純音聴力検査に限って発見できる症状であり、聴性脳幹反応検査などを行っても異状は全く見られません。

 

心因性難聴は別名「ヒステリー難聴」とも呼ばれており、名前通りの厄介な難聴とも言えます。

 

特に思春期を迎えた女子児童に起こりやすい傾向があり、耳鳴りや視力障害を合併するケースも存在します。

 

また、初めは器質的に問題が無かったはずが急激に難聴の症状が出るケースがあるので注意してください。

心因性難聴が起きる原因

心因性難聴は非常に強いストレスを感じる事で引き起こされます。

 

児童でも大人でも人間関係のストレスや家庭の問題などの非常に強いストレスを感じる事があります。

 

そんなストレスがあるにも関わらず、ストレスを認めていない場合に起こる経口が強い症状です。

心因性難聴の治療法

心因性難聴は原因がストレスなので、大元を解決する必要があります。

 

難聴の原因となっている日常生活におけるストレスを取り除く事が唯一の治療法と言えます。

 

ストレスの原因を解消する事で難聴が回復へと向かい、聴力検査における異常も出なくなるでしょう。

 

また、親が児童への溺愛・幻覚・過干渉も難聴の原因になるケースがあるので注意してください。

 

基本的に難聴に関する具体的な治療は行わず、定期的に聴力検査を行いながら様子を見るのが一般的な対処法となります。

 

また精神的なストレスで自律神経の乱れが起きるので、蜂の子サプリメントの摂取によって乱れた自律神経を整える効果が得られます。

 

幼児難聴

幼児難聴は子供の幼児期に起きる症状

 

耳鳴りサプリメント

幼児難聴は子供の時期に起きる症状であり、その後の人生にも影響を与えかねません。

 

近くで大きな音がしても全く驚かず、音のする方角に反応しない、話しかけても反応がないといった症状が起こると危険信号です。

 

物音を聞いたり、区別しにくい状況が続く場合は難聴が疑われるので、すぐに耳鼻科で診察を行うようにしてください。

 

また、言葉の発現が遅かったりジェスチャーが多い、TVの音を異常なほどの大きくしたりする事もあるので早めの対策が大事と言えます。

 

もしも対処が遅れた場合、言葉の発達や学習能力、二次的には性格にまで影響が出てしまう事が考えられます。

 

幼児は自分で聞こえない事を訴える事ができませ。そこで大人がなるべく早く気づいてあげるように意識していく必要があります。

 

また幼児の難聴のタイプには、外耳・鼓膜・内耳といった音を伝える部位に障害が出る「伝音性難聴」と、伝わった音を感じる神経経路に障害が出る「感音性難聴」があります。

幼児難聴が起きる原因

幼児難聴が起きる原因は先天的なものと後天的なものに分かれています。

 

先天性難聴の場合、原因は遺伝や妊娠中の母親が風疹およびサイトメガロウイルスに感染した事によるもの、低出生体重、聴神経の障害などがあります。

 

先天性に関しては原因自体が全く分からないケースも多く、先天性難聴の殆どが感音性難聴となってしまいます。

 

また後天的な難聴では、中耳炎が起こる事で液体が中耳内に溜まってしまい、滲出性(しんしゅつせい)中耳炎が原因となって起こる伝音性難聴が最も多い傾向にあります。

 

幼児の難聴は、まず先天的な物か後天的な物かで後の対処が変わってきます。

幼児難聴の治療法

後天性の難聴の場合は原因となっている病気の回復で同時に治っていきます。

 

滲出性中耳炎のような病気が原因となっている場合、その病気を治す事で解消していきます。

 

ですが先天性の感音性難聴の場合、根本的な解決が困難な事がほとんどで完治は出来ないケースが多いです。

 

しかし、今では有効な治療法として人工内耳という方法があり、手術を行って内耳に電極を装着して神経に音を送る方法があります。

 

もし難聴と診断された場合、出来るだけ早く補聴器を付けて聴能訓練を行う事をおすすめします。

 

治療が遅れれば遅れるほど、言語障害が起こりやすくなってしまうので早めの発見が大事です。

 

特に1歳6カ月以上の幼児で内耳に原因があり、補聴器だけでは改善が困難な場合は手術を行って人工内耳の装着を推奨されるケースもあります。