耳鳴りが高音の時の危険性

耳鳴りが高音の時に考えられる危険性

 

耳鳴りの音には色んな種類があり、高音から低音まで様々です。

 

また、音の高さによって原因となっている症状が違ってくるのも耳鳴り特有の物なのです。

 

特に注意しなければならないのが高音の耳鳴りです。原因によっては命に関わるケースもあるからなんです。

 

今回は高音の耳鳴りに注目し、どのような症状によって起こっているのかを紹介していきます。

 

もしも今、高音の耳鳴りが起きているとしたら、すぐにでも耳鼻科で検査を行う事をおすすめします。それだけ命に係わる可能性があるからです。

 

以下の項目をチェックし、ご自身の参考にされてください。

 

高音の耳鳴りの種類

高音の耳鳴りの種類は大まかに2つ

 

高音の耳鳴りで感じる音は金属音と電子音の2種類があります。

 

1つ目の金属音は何かが金属に当たるような「キーン」という音で甲高い音が耳の中で響き、金属楽器を叩いた時のような感じ方です。

 

頭の中で高音域の音が響くと強いストレスを感じるようになり、精神的に不安定になってしまいがちです。

 

2つ目の電子音は「ピー」・「チー」・「ギーン」といった機械的に発生する電子回路によって作られたような音です。

 

電子音はブザーのような音とも表現され、ちょっとした音楽の様に聞こえるといったケースも存在します。

 

この2つの高音域の耳鳴りが起こる際は予想もしていなかった重篤な疾患の影響によって起こる場合があります。

 

以下より高音の耳鳴りが起こる原因を記載していますので、自身の症状と照らし合わせてみてください。

 

耳鳴りを放置していると重症の疾患を見落とす可能性があります。健康と命を守るためにもご参考ください。

 

高音の耳鳴りの原因

高音の耳鳴りの原因

 

耳鳴りサプリ

高音の耳鳴りが治まらない時はストレスが原因であることが多いと考えられています。

 

現在の医学でも耳鳴りの明確な原因は掴めれおらず、完治する方法を発見したらノーベル賞が貰える程に難易度が高い疾患なのです。

 

他にも原因として一番多く考えられているのが加齢による聴力機能の自然低下です。加齢による影響は耳だけではなく目や体の各所で起こりうる事です。

 

ですが高音の耳鳴りに限定すると、他の疾患の影響によって起こる物もあるので注意しなければなりません。

 

耳鳴りで高音の音が出るケースは以下の症状が起きている事が考えられます。

  • 顎関節症
  • 老人性難聴
  • 騒音性難聴
  • 突発性難聴
  • 自律神経失調症
  • 脳梗塞
  • 脳腫瘍

顎関節症

顎関節症(がくかんせつしょう)ですが、これは口を開閉する時に顎の骨から音が鳴る症状で、特に硬い物や口を大きく開けて物を食べる時に顎の骨がずれる事で音が出ます。

 

顎は日常会話の際にも口を開閉するので、その際に音が発生して耳鳴りとして高音の音が響きます。

 

顎関節症になった場合、早期の処置を行う事で日常への支障を改善する事ができますが、放っておくと重症化して最悪の場合、顎の関節が壊れてしまう事もあります。

 

老人性難聴

老人性難聴ですが、これは加齢によって起こる難聴です。

 

また加齢による難聴が始まった場合、高音域の難聴から始まっていきます。それと同時に高音のキーンという耳鳴りが起きはじめ、両方の耳で発生してしまいます。

 

50代を越えた辺りで高音の耳鳴りが起き始めた場合、老人性難聴が起きている体のサインかもしれません。

 

老人性難聴の詳細はこちら⇒老人性難聴について

 

騒音性難聴

騒音性難聴ですが、これは大きな音が響く場所に居続ける事で起こってしまいます。

 

特に騒音の激しい工事現場や工場の中で働く人、そしてパチンコ店に通い続ける人に起こりやすい症状で、騒音の外に出るとキーンという耳鳴りが起きはじめます。

 

これは内耳にある蝸牛に障害が起こる事で耳鳴りが発生する仕組みです。また騒音性難聴は「音響外傷」とも呼ばれており、進行性の難聴です。

 

騒音性難聴の詳細はこちら⇒騒音性難聴について

 

突発性難聴

突発性難聴は他の難聴と違い、片方の耳だけ突然聞こえなくなってしまう症状です。

 

耳の奥が詰まった感じになり、めまいが同時に出るようになったら難聴のサインが出ています。さらに早期の対処でなければ聴力低下が治らなくなってしまう可能性があります。

 

発症後48時間以内の治療が望ましいのですが、2週間以上経過した場合は聴力が回復する見込みが無くなり、補聴器を装着しなければ音が聞こえなくなってしまいます。

 

また、突発性難聴の後遺症としてキーンという高音の耳鳴りが起こり、こちらも改善するのは難しいでしょう。

 

突発性難聴の詳細はこちら⇒突発性難聴について

 

自律神経失調症

自律神経失調症は体の機能をコントロールする自律神経が乱れる事で様々な機能障害が起こります。

 

自律神経は日常生活の中で、それぞれ交感神経と副交感神経が交互に活発になって活動を行っていますが、ある一定の決まったリズムの元で活動します。

 

ですが、バランスが崩れてしまうと片方がずっと活動し続けてしまい、症状は個人差がありますが体に悪影響が起こります。

 

その中の1つに高音の耳鳴りがあり、同時に吐き気やめまいも起こってしまいます。

 

脳梗塞

脳梗塞によって起こる耳鳴りは命に係わる危険信号です。

 

寒気やめまいと同時にキーンという高音の耳鳴りが起こっている場合は病院で脳の検査を受ける事をおすすめします。

 

脳梗塞は脳内の太い血管が詰まってしまい、酸素や栄養素が運ばれなくなってしまいます。これによって脳の機能が正常に働かなくなって最悪の場合は死に至ります。

 

特に高血圧・高脂血症・糖尿病といった生活習慣病を患っている方は要注意です。この疾患の際に耳鳴りが起こった時は必ず病院へ行ってください。

 

脳腫瘍

脳腫瘍は脳の近辺に発生する腫瘍ですが、脳を圧迫する事で機能障害を引き起こします。

 

高音の耳鳴りが起きるだけではなく、原因不明の吐き気・嘔吐・頭痛といった苦しい症状も同時に起こります。

 

また脳腫瘍が起こると視神経が圧迫されて視力低下が起こったり、聴力が失われていく聴覚障害なども起こります。

 

脳梗塞と同様に命に係わる疾患ですので、高音の耳鳴りと同時に体に起きている異状を把握して病院で検査を行ってください。

 

ストレスが原因による高音の耳鳴り

ストレスによって高音の耳鳴りが起きやすい

 

耳鳴りサプリメント

上記の疾患による影響で高音の耳鳴りが起こるケースがあるのですが、ストレスが原因で耳鳴りが起こるケースは非常に多いです。

 

先ほど記した「自律神経失調症」がそれに当たります。現代人の耳鳴りは自律神経の乱れが大きな影響を与えているのです。

 

特に仕事で受けるストレスは体に高い負荷を与えてしまい、自律神経を狂わせてしまいます。それによって高音の耳鳴りが続いて体調不良に陥ってしまいます。

 

仕事で上司に言われる辛い言葉や傲慢で理不尽な態度によってストレスは急激に溜まっていきます。そしてストレスの許容量が限界を超えた時にキーンという耳鳴りが起こり始めます。

 

この時に起こっているのが自律神経の乱れです。バランスが崩れ始めたサインとして高音の耳鳴りが起こる仕組みなのです。

 

精神的ストレスによる耳鳴りが起きた場合、耳鼻科で検査をしても異状がほとんど見つかりません。行くべき場所は精神科であり、ここで初めて自律神経の異常だと分かります。

 

仕事が原因で耳鳴りが起きた場合、ストレスの元になる仕事を休んで静養する事が大事です。ストレスを受け続けると体に変調をきたして重篤な精神疾患へと繋がりかねません。

 

一番大事にすべきは仕事ではなく自身の体です。仕事は環境を変える事でストレスを軽減および解消する事が可能だからです。

 

高音の耳鳴りを改善する方法

高音の耳鳴りを改善する方法

 

耳鳴りサプリメントランキング

自律神経の乱れによって起こる高音の耳鳴りは対処法がありますが、他の病気によって起こる耳鳴りに関しては病気の改善が必要となります。

 

特にストレスから来る耳鳴りは自律神経を整える事で改善へと向かう事が可能となりますが、同時にストレス環境からの脱却も行う必要があります。

 

自律神経を整えるために必要な物はトリプトファンと呼ばれる有効成分です。

 

トリプトファンはアミノ酸の1種であり、ビタミンと同様に体内で生成する事は出来ず外部から摂取する必要があります。

 

脳内で生成されるセロトニンと呼ばれる神経伝達物質が自律神経をコントロールしており、不足すると自律神経のリズムが乱れてしまうのです。

 

このセロトニンを生成するために必要なのがトリプトファンです。そしてトリプトファンが不足するとセロトニンも同様に不足してしまいます。

 

不足を解消するために食事でトリプトファンを摂取する必要があるのですが、食事だけではトリプトファンを摂取できる量が限られてしまいます。

 

そこで効率よくトリプトファンを摂取できる食材が必要なのですが、それは「蜂の子」と呼ばれるクロスズメバチの幼虫です。

 

蜂の子はトリプトファンを多く含み、各種アミノ酸やビタミンも豊富に含まれています。蜂の子なら毎日十分なトリプトファンの摂取が行えてセロトニンも生成できます。

 

また蜂の子は食べるよりもサプリメントとして飲む方が手軽で簡単です。これならいつでも摂取したい時に出来るので便利です。

 

蜂の子サプリでトリプトファンを補給して高音の耳鳴りを解消し、楽しく会話が出来るようになるのを願っております。

 

おすすめの蜂の子サプリ

 
山田養蜂場の酵素パワー蜂の子の特徴

耳鳴りサプリランキング

養蜂業の老舗である山田養蜂場が研究と検証を重ねた蜂の子サプリ
1日4粒で720mgもの良質な蜂の子を摂取することができます。
独自の酵素分解技術で蜂の子のたんぱく質を体に摂取しやすくし、サポート成分として抗ストレス成分「GABA(ギャバ)」とビタミンB2、ビタミンB12を配合。
厳しい品質基準をクリアした蜂の子のみを使用しています。

価格 通常4.572円
評価 評価5
備考 定期コースで4,000円(税抜き)
 
 
花菜の厳選蜂の子の特徴

耳鳴りサプリランキング

実感力を高めるクアンソウ・イチョウ葉エキス・ナギイカダエキスをプラスオン! 1日3粒で750mgもの厳選蜂の子を摂取することができます。
初回半額の定期便は、休止・解約自由。

価格 通常6,980円
評価 評価4.5
備考 定期コースで初回2,980円、2回目以降5,900円(税別)
 
 
ハチの子800の特徴

耳鳴りサプリランキング

W特許製法で吸収しづらいたんぱく質を酵素分解!低分子ハチの子を1日800mg摂取可能
イチョウ葉エキスにストレス社会対応成分GABAを追加配合。

価格 通常3,980円
評価 評価4.5
備考 500円モニターセットは10日分。