60代は耳鳴りが起きやすい年齢です

60代は耳鳴りが急増しています

60代を迎え体も衰えを実感する頃、体には様々な変化が起きています。頭髪は白髪が増え、目も見えづらくなるといった症状が出てきます。

 

その中でも大きな悩みの1つが耳鳴りです。耳の奥で音が響いて日常生活を送る中で非常に強いストレスを感じてしまいます。

 

日中から耳の中で音が響き、静かな夜になると更に音が大きく聞こえて眠りにくくなって辛い状態となるでしょう。

 

そこで60代で起こる耳鳴りに関して解説いたします。父母の辛い耳鳴りを解消させるためのアドバイスも併せてご参考ください。

 

 

60代で耳鳴りが起きる原因

60代で耳鳴りが起きる原因として考えられるもの

 

60代で耳鳴りが起きる原因として考えられるものは以下の3つとなります。

  1. 加齢によるもの
  2. 老人性難聴
  3. 精神的ストレス

それでは3つをそれぞれ簡単に解説します。

 

1の「加齢によるもの」ですが、これは生理現象であり誰にでも起こる可能性のある物です。

 

60代になると視力低下や白髪が増え、顔にシワが増える事は自然な事であり、細胞の老化によって耳の機能も低下していきます。

 

内耳にある蝸牛と呼ばれる器官が老化によって機能低下を起こして耳鳴りが起きるケースが生理現象としてあります。

 

この場合、耳鳴りを完治させる事はできませんが、音を小さくしていく事は出来ます。

 

2の「老人性難聴」ですが、加齢によるものの延長線上で起こる難聴です。

 

加齢による耳鳴りと同時に起こりやすい症状で、高音が聞きとりにくくなったり、両方の耳が同時に聞こえにくい、音は聞こえるけれど何を言っているのか分からない等の事が起こります。

 

老人性難聴も加齢と同様に具体的な治療法はありません。しかし難聴を遅らせる対策はできます。

 

加齢を重ねる事で徐々に失っていく聴力と音が響く耳鳴りは完治はできませんが、症状を和らげる事が可能だと理解しておいてください。

 

3の「精神的ストレス」ですが、これは日常生活で感じるイライラが溜まって起こる耳鳴りの原因です。

 

60代を迎え定年退職をした後の生活は働いていた時と全く違うものとなります。

 

男性の場合、自宅で過ごす時間が極端に長くなり、体を使う事も少なくなっていきます。働いていた頃は通勤や仕事で体を動かしていたのですが、それが無くなってしまいます。

 

逆に女性の場合は定年でずっと家で過ごす旦那に対してストレスを感じるようになるケースが増えています。

 

どちらも互いに自分の習慣化している生活スタイルが変化する事によって環境が変わってしまいます。その環境の変化こそが大きなストレスになってしまうのです。

 

ストレスが溜まっていくと自律神経が乱れ始め、その時に蝸牛の中のリンパ液の調整が効かなくなって周囲を圧迫します。この時に耳鳴りが発生します。

 

ストレスによる耳鳴りの場合、自律神経を正常化してあげる事によって耳鳴りを解消する事が出来るようになります。

 

これらの3つの原因によって60代の耳鳴りは起こっています。改善できない物と出来る物があるので、自身や父母がどのタイプに当てはまるのかをまずは確認してみてください。

 

60代の耳鳴りQ&A

60代の耳鳴りに関するQ&Aをまとめました

 

60代の耳鳴りに関するQ&Aを分かりやすくまとめてみました。下記の5つの質問をご紹介いたします。

 

質問1・生理現象の耳鳴りだけど何とか治したいという内容です。

3年くほど前から耳鳴りが起き始めました。年齢も60代を越えているので生理的なな現象と受け止めていました。ですが耳鳴りにストレスを感じるようになっているので治すにはどうしたら良いでしょうか?

耳鳴りは60代を越えた年齢だと加齢による理由が大半を占めています。生理的な物は治す事はできませんが、耳鳴りの音を気にならない程度に小さくする事は出来ます。

 

質問2・65歳の母親の耳鳴りを何とかしたいと思う娘さんの相談です。

65歳の母親に耳鳴りが出るようになり1日中音が消えないと悩んでいます。先日、耳鼻科にて聴力検査および耳の中も調べましたが異常はありませんでした。どうしたら良いでしょうか?

この場合は加齢による生理現象が有力な見方ですが、耳鳴り音が1日続くという事でストレスを感じていると思われます。自律神経に影響が出てさらに耳鳴り音が大きくなっている可能性があります。

 

質問3・老人性難聴を患っている60代の男性からの相談です。

耳が聞こえにくくなり耳鼻科で検査をしたら老人性難聴と診断されました。薬を処方され耳鳴りも気にならなくなって夜も眠れるようになりましたが、最近また耳鳴りがするようになりました。慣れてくると眠れるようになるでしょうか?

老人性難聴は薬の処方で症状が緩和されたようですが、再び起きた耳鳴りは専門の治療方法があるので耳鼻科に相談してください。難聴の進行を遅らせつつ耳鳴りを解消していきましょう。

 

質問4・64歳の父親の耳鳴りが酷いと悩む息子さんからの相談です。

父の耳鳴りが相当ひどく耳鼻科で検査をしたのですが、全く異状ありませんでした。ですが父はTVの音量を上げないと聞こえないと言い、さらに夜寝るときは耳鳴りで眠れないと訴えます。ただ受診した耳鼻科で頭に何らかの異常があるかもと言われて心配です。

頭の異状によって耳鳴りが起こるケースはあります。こういった場合は脳神経外科で頭部のMRIを行って調べた方が良いでしょう。命に係わる疾患の可能性も考えられるので早めに診察を受けるようにしてください。

 

質問5・67歳の父親が突発性難聴による耳鳴りが起きた事を悩む娘からの相談です。

67歳の父が1週間前から急に夕方あたりの時間帯になると耳鳴りが起き始めています。そして右側だけ耳鳴りが起こっているのですが病院を嫌がっていて行こうとしません。何が起きているのでしょうか?

この場合は突発性難聴である可能性が高いと考えられます。突発性難聴は早期発見・早期治療をしなければ聴力を失ってしまう可能性が高い疾患です。病院嫌いであろうとも連れて行って検査を受けさせてください。

 

これらの耳鳴りの悩みは数多く出てきます。まずは耳鼻科で検査を受けて他の疾患が無いかを調べた方が良いです。

 

生理的な耳鳴りですと音を小さくするようにしていけばよいですし、疾患が見つかった場合は早期治療によって改善されるでしょう。

 

60代における耳鳴りは悩んでいるのは本人だけではなく、家族も悩んでいる事もあるので安心させてあげる点にも早い解決が望まれます。

 

60代の耳鳴りを改善する方法

60代の耳鳴りを改善するための方法

 

60代を越えた時に起こる耳鳴りは生理現象によるものですと完治する事はありません。

 

また疾患によるものですと根本的な原因を治せば、耳鳴りも自然と治ります。

 

さらにストレス性による耳鳴りは原因となるストレスを無くす事が改善への近道です。

 

生理的なものとストレスによる耳鳴りに共通しているのは蝸牛に対して影響があるからです。

 

生理的な場合は蝸牛の性能が低下しており、ストレスによる場合は蝸牛のリンパのコントロールが出来なくなっているからです。

 

そこで蝸牛の働きを良くするために有効成分を摂取するのが改善への近道です。蝸牛の働きを良くする成分は必須アミノ酸であるトリプトファンです。

 

トリプトファンは耳鳴りに関係する内耳や自律神経を整えるための成分であるセロトニンの原料となっているからです。

 

セロトニンが生成される事で自律神経や蝸牛の働きが正常化して耳鳴りの音が小さくなります。ですがトリプトファンは外部から摂取しなければなりません。

 

そしてトリプトファンを摂取できる食材の中でも蜂の子の含有量は圧倒的に多く、蜂の子をサプリメントに加工して摂取すると効率よくトリプトファンを補給できます。

 

蜂の子の摂取で60代を過ぎて起きる耳鳴りの対策をおすすめします。トリプトファンの効果で耳鳴り音を小さくして気持ちよく過ごせるようにしていきましょう。

 

オススメの蜂の子サプリはこちら

 
山田養蜂場の酵素パワー蜂の子の特徴

耳鳴りサプリランキング

養蜂業の老舗である山田養蜂場が研究と検証を重ねた蜂の子サプリ
1日4粒で720mgもの良質な蜂の子を摂取することができます。
独自の酵素分解技術で蜂の子のたんぱく質を体に摂取しやすくし、サポート成分として抗ストレス成分「GABA(ギャバ)」とビタミンB2、ビタミンB12を配合。
厳しい品質基準をクリアした蜂の子のみを使用しています。

価格 通常4.572円
評価 評価5
備考 定期コースで4,000円(税抜き)
 
 
花菜の厳選蜂の子の特徴

耳鳴りサプリランキング

実感力を高めるクアンソウ・イチョウ葉エキス・ナギイカダエキスをプラスオン! 1日3粒で750mgもの厳選蜂の子を摂取することができます。
初回半額の定期便は、休止・解約自由。

価格 通常6,980円
評価 評価4.5
備考 定期コースで初回2,980円、2回目以降5,900円(税別)
 
 
ハチの子800の特徴

耳鳴りサプリランキング

W特許製法で吸収しづらいたんぱく質を酵素分解!低分子ハチの子を1日800mg摂取可能
イチョウ葉エキスにストレス社会対応成分GABAを追加配合。

価格 通常3,980円
評価 評価4.5
備考 500円モニターセットは10日分。