釣藤散の服用で耳鳴りの改善

釣藤散の服用による耳鳴りの改善効果

 

釣藤散(ちょうとうさん)は耳鳴りの改善治療に用いられる漢方薬の1つです。

 

主に血流障害で処方されますが、耳鳴りの原因の1つが血流悪化による物なので釣藤散の服用は有効な治療法でもあります。

 

今回は釣藤散の詳細や、服用による耳鳴りへの治療効果や副作用について解説いたします。

 

以下の項目よりご参考ください。

 

 

釣藤散を服用すべき症状

釣藤散はどんな症状の時に服用する?

 

釣藤散は高血圧や頭痛を伴う血管系の障害が起きている時に処方される漢方薬です。

 

中年期を迎えて体の機能が低下を始める時期、高血圧や慢性的な脳血管障害が起こるケースがあります。

 

こういった症状が出る時に治療薬として服用します。釣藤散は血流障害に対して有効な漢方薬であり、耳鳴りの治療にも効果があります。

 

特に朝方に起きる頭痛や頭部の重さを感じる時に釣藤散が向いています。他にも頭痛に伴うめまい・肩こり・うなじのぼり・のぼせ・不安焦燥感・睡眠障害といった症状も改善効果が有ります。

 

漢方薬である釣藤散を西洋医学の視点で分析した所、末梢血流を改善する作用があると判明しており、臨床試験においても血流悪化による頭痛の改善効果が認められています。

 

釣藤散に含まれている生薬は全部で11種類と他の漢方薬よりも多くなっています。以下の11種類の生薬となります。

  1. 釣藤鈎(ちょうとうこう)⇒頭痛・高血圧
  2. 陳皮(ちんぴ)⇒芳香性健胃・駆風・鎮吐・鎮咳
  3. 半夏(はんげ)⇒制吐・健胃
  4. 麦門冬(ばくもんどう)⇒強壮・鎮咳・去痰
  5. 茯苓(ぶくりょう)⇒利尿・滋養・鎮静・血糖降下
  6. 人参(にんじん)⇒健胃整腸・鎮痛・去痰・駆風
  7. 防風(ぼうふう)⇒発汗・解熱・鎮痛・利尿・抗菌・抗真菌
  8. 菊花(きくか)⇒中枢抑制・血圧降下・解熱・鎮痛・消炎・解毒・発散
  9. 甘草(かんぞう)⇒鎮静・鎮痙・鎮咳
  10. 生姜(しょうきょう)⇒発汗・健胃・制吐・鎮咳
  11. 石膏(せっこう)⇒解熱・消炎・止渇・血糖降下

これらの生薬を配合し、主に血流の改善を行います。

 

血流の悪化によって起こる耳鳴りも釣藤散を服用する事で徐々に改善へと向かうでしょう。

 

釣藤散の服用で得られる効果

釣藤散の服用で得られる主な効果

 

釣藤散の服用による最大の効果は血流改善です。

 

製薬会社が作る釣藤散にはリンコフィリンという成分も含まれており、末梢神経を広げてくれる効果があります。

 

そのため顔色が紅く、のぼせ気味で高血圧の持病がある人にぴったりの薬です。菊花という成分が毛細血管を強くし、血圧を下げてくれるので動脈硬化の改善にも向いています。

 

また、大脳の興奮を緩やかに鎮静化させる効果もあるので、「頭が重くて、夜眠ることができない」や「頭痛でイライラする」といった症状の緩和にも改善効果が見られます。

 

さらに女性の更年期障害によるホットフラッシュやのぼせ、耳鳴りの改善にも役立ちます。耳鳴りの改善効果については後述いたします。

 

高血圧の既往症がなくても、「朝起きた時に頭痛がする」「頭痛がすると肩こりがひどくなる」という肩から上の部位に関する全般的な不快症状の緩和にもおすすめです。

 

釣藤散は中年以降の漢方薬と思われがちですが、イライラを伴う高齢者のうつ病やアルツハイマー型認知症の改善に用いられることも多い薬なのです。

 

そして落ち着かない時に気持ちを穏やかにしてくれるので、何らかのイライラの症状がある人に向いています。

 

他にも眼精疲労の改善に効果がある成分が含まれているので、年齢を重ねるうちに頭痛と併発する「目がしょぼしょぼする」という症状に悩まされている人も応用できます。

 

釣藤散は頸肩こり(首より上)にも使えるので、日常のデスクワークで肩付近が重く感じ、疲労感が抜けない人にとっても効能が期待できる漢方薬です。

 

付け加えて、めまいやメニエール病にも応用できる生薬といわれており、応用範囲が広いのが特徴です。

 

釣藤散が耳鳴りを改善する理由

釣藤散が耳鳴りを改善する理由はこれです

 

釣藤散は耳鳴りの原因となる血流を改善するのですが、耳鳴りと血流は関係しているのです。

 

耳まわりの血管で血流が低下する事によって血圧が高まってしまいます(高血圧)。この状態だと血管の中が詰まって膨らんでしまいます。

 

耳の中には蝸牛と呼ばれる音を聞き取る器官がありますが、血管が圧力によって膨らむ事で蝸牛が血流の音を拾ってしまいます。

 

血流の音が耳鳴りとなり、ザー・ドクドクといった音が響きます。こういった耳鳴りの事を血管性耳鳴りとも呼んだりします。

 

そこで血流を改善し、血管の圧力を下げる事で正常化し、血流の音を拾わないようにするのです。こうする事で耳鳴りも解消されるでしょう。

 

ただし、高血圧の状態で耳鳴りが収まったからと安心しないようにしてください。高血圧によって脳出血・脳梗塞が起こる可能性が高くなっているからです。

 

ある日突然発症するので、高血圧の耳鳴りが起きている場合は必ず病院で検査を行い、医師の指示で治療を行うようにしてください。

 

釣藤散の服用で起こる副作用

釣藤散の服用で起きてしまう副作用とは?

 

釣藤散は漢方薬なので副作用が起こります。ですが日常生活に重大な影響を与える事は殆どありません。

 

実際に起こる副作用として以下があります。

 

体のだるさ・血圧が上がる・体のむくみ・体重が増える・手足がしびれる・体カリウム血症など。

 

これらの副作用が釣藤散を服用する事によって起こる可能性があるのです。効果の高い薬である反面、副作用もいっしょになっているケースが多いと言えます。

 

副作用が嫌で漢方薬を敬遠する人もいるのですが、そんな方向けに耳鳴りを治すための有効成分が含んだサプリメントがおすすめです。

 

耳鳴りの改善に有効な成分はトリプトファンと言い、ホルモンであるセロトニンの原料でもあります。外部から摂取する以外に補給する方法はありません。

 

セロトニンは自律神経を調整する作用があり、耳鳴りを起こす血流の低下によって乱れた自律神経を整えます。

 

そこでトリプトファンを多く含んだ食材を摂取するのですが、圧倒的な含有量の食材は「蜂の子」です。この蜂の子をサプリメントに加工した物が副作用なく耳鳴りの改善を行えます。

 

蜂の子サプリは健康食品なので副作用がありません。安心して摂取できますし、食事の補助として水で飲むだけなので簡単にトリプトファンを補給できます。

 

辛い耳鳴りを副作用なく改善し、ストレスなく過ごせる毎日を取り戻していきましょう。以下におすすめの蜂の子サプリをご紹介させていただきますのでご参考ください。

 

 
山田養蜂場の酵素パワー蜂の子の特徴

耳鳴りサプリランキング

養蜂業の老舗である山田養蜂場が研究と検証を重ねた蜂の子サプリ
1日4粒で720mgもの良質な蜂の子を摂取することができます。
独自の酵素分解技術で蜂の子のたんぱく質を体に摂取しやすくし、サポート成分として抗ストレス成分「GABA(ギャバ)」とビタミンB2、ビタミンB12を配合。
厳しい品質基準をクリアした蜂の子のみを使用しています。

価格 通常4.572円
評価 評価5
備考 定期コースで4,000円(税抜き)
 
 
花菜の厳選蜂の子の特徴

耳鳴りサプリランキング

実感力を高めるクアンソウ・イチョウ葉エキス・ナギイカダエキスをプラスオン! 1日3粒で750mgもの厳選蜂の子を摂取することができます。
初回半額の定期便は、休止・解約自由。

価格 通常6,980円
評価 評価4.5
備考 定期コースで初回2,980円、2回目以降5,900円(税別)
 
 
ハチの子800の特徴

耳鳴りサプリランキング

W特許製法で吸収しづらいたんぱく質を酵素分解!低分子ハチの子を1日800mg摂取可能
イチョウ葉エキスにストレス社会対応成分GABAを追加配合。

価格 通常3,980円
評価 評価4.5
備考 500円モニターセットは10日分。