耳鳴りの改善は周囲の理解が必要

耳鳴りの改善は周囲の理解なしでは不可能

 

耳鳴りが起きると、頭の中でキーンという高音やボーという低音が響き続けます。

 

原因によって高音や低音の違いがありますが、耳鳴りは精神的な苦痛を伴う症状なのです。

 

この辛さは実際になった人でなければ分かりません。言葉で伝えようとしても上手に伝えるのは難しいからです。

 

ですが、家族の誰かが耳鳴りが起こり始めた時は辛さを理解してあげようとする気持ちが大事です。

 

今回は耳鳴りに対する周囲の理解について解説いたします。

 

 

耳鳴りはコミュニケーションを阻害する

耳鳴りは社会とのコミュニケーションを阻害してしまう

 

耳鳴りが起こり始めると、人や社会との関わりの壁となってしまいます。

 

これは耳鳴りによって精神的ストレスが激しくなり、他人との会話ですら苦痛を感じるようになっていくからです。

 

常に頭の中で響く忌々しい音によってストレスを与えられ続けていき、他人とのコミュニケーションを取る事すら苦痛を感じてしまいます。

 

この状態が続くと、鬱病になってしまうケースもあります。それだけ耳鳴りによって精神的ストレスを感じてしまうという事なのです。

 

本当は他人とのコミュニケーションを取りたい気持ちはあるんです。しかし、耳鳴りが起こる事で自分の中で追い詰められる気持ちが出てきてしまうのです。

 

周囲と関わる余裕さえ奪ってしまう程辛い状態になってしまいます。1人で苦しむ時間が長くなればなるほど鬱になりやすくなってしまいます。

 

そして鬱病を発症してしまうと完全に他人とのコミュニケーションに壁が出来てしまい、さらにストレスを感じる悪循環に陥ってしまいます。

 

耳鳴りが起こり始めると周囲とのコミュニケーションが困難になってしまう事を本人だけでなく、周囲の人も理解していくと壁も出来にくくなります。

 

家族の耳鳴りに対する無理解

家族の耳鳴りに対する無理解によるストレス

 

耳鳴りが起こる事で精神的に苦しくなるのですが、家族の無理解によって余計に苦しくなってしまいます。

 

家族に辛さを理解してほしいと思うのは誰だって思う事です。ですが家族が辛さを理解しようとしない限り1人で苦しみ続ける事になるのです。

 

特に無理解の象徴と言えるのが「気のせいじゃない?」や「そのうち治るよ」といった適当にあしらうような心無い言葉です。

 

これは面倒くさいから適当に相手をするだけで済ませたいという気持ちがあるからでしょう。これでは理解してもらうことなど無理なんです。

 

一番身近にいる味方であるはずの家族から理解が得られない場合、精神的苦痛は最も大きくなってしまいます。

 

家族に理解してもらえない事による精神的ストレスで鬱病になってしまう可能性もあるからです。

 

もしも家族の誰かが耳鳴り症状を訴えてきた場合、すぐに病院へ連れて行って検査を行うようにしてあげてください。

 

家族が理解してくれるという安心感によって、耳鳴りと向き合っていく事ができるようになります。

 

医師の耳鳴りに対する無理解

医師なのに耳鳴りに対する無理解と知識不足

 

耳鳴りが起きた時に病院へ行って検査を行うのが改善への第一歩です。

 

基本的に最初は耳鼻科で診察を受ける事になりますが、耳鳴りは耳の異常と脳の異状による原因に分かれています。

 

そこで耳鼻科で検査をして異常が見当たらない場合、次は内科で診察を受ける事となります。

 

しかし、医師によっては耳鳴りに対して知識が不足して理解をしていない者がいるケースもあります。

 

耳鳴りに詳しい医師なら対応策や改善策を授けてくれるのですが、知識不足や無関心な医師の場合「治らないので上手く付き合っていきましょう」としか言いません。

 

これではいつまで経っても耳鳴りから解放されず、医師からも見放されたと強い精神的ストレスを感じてしまうでしょう。

 

本来は患者の最大の理解者である医師が理解を示してくれない事によって余計に精神的に追い込まれて鬱に繋がってしまいます。

 

こうならないようにするためにも、耳鳴りに対して正しい知識と治療経験の実績のある病院へ行くようにしましょう。

 

無理解な医師の元に行く事を避ける事で正しく耳鳴りの対策や治療が行えるようになっていきます。