耳鳴りの改善でTRT治療法は有効なのか?

耳鳴り改善でTRT治療法は効果が高いのか?

 

耳鳴りが慢性化すると難治性(奨励が少なく治療法が確立されていない病気の事)となってしまいます。

 

さらには根本的に耳鳴り自体を無くす治療法は現在でも確立されておらず、未だ手探りの状態が続いています。

 

そこで完治させる事が難しい場合の耳鳴りの辛さ・苦しみから解放されるために行われているのが「TRT治療法」です。

 

耳鳴りの明確な改善治療が現代の医学でも解明されていない以上、耳鳴りと上手に付き合っていく事が必要となるのです。

 

また耳鳴りが起きる原因は1つの場合もあれば、複数の要因が重なる事で起こるケースもあり、明確な原因の特定は困難になる事もあります。

 

今回は耳鳴り治療の1つであるTRT治療法について解説していくので、ご参考ください。

 

TRT治療法は音を利用する治療法

TRT治療法で耳鳴りの不快音を感じさせなくする

 

TRTは(tinnitus retraining therapy)の頭文字を取った名称となります。

 

日本語で分かりやすく言えば、「耳鳴り順応療法」となります。

 

治療の対象者は耳鳴りが起こってから3カ月以上の期間で続いている人であり、短期で起こる耳鳴りは突発性難聴や音響外傷の可能性が高いので行いません。

 

TRT治療法が始まったのは1990年代にアメリカの神経生理学者のジャストレボフ博士により提唱され、現在でも耳鳴り改善治療の1つとして行われています。

 

治療内容を分かりやすく言えば、耳鳴りに対し音を感知する脳を慣れさせることで気にしなくするための方法で「音響療法」とも呼ばれています。

 

人は外から入ってくる音を無意識に「気にならない音」や「不快音」に認識する機能を持っており、小鳥のさえずりを不快音としては認識しませんが、他人の会話音は不快と認識するような感じです。

 

もちろん耳鳴りは苦しさや辛さを感じているので不快音なのは間違いありません。中には耳鳴り自体に気付かない人もいるのですが、1度気になってしまうと耳鳴りの不快音が離れなくなってしまいます。

 

そこで耳鳴りを不快音として認識していた事を「気にならない音」に認識を変化させる事で、耳鳴り自体を気にならなくするためのTRT治療法なのです。

 

耳に装着する補聴器のような形をした機械であるTCI(tinnitus control instrument)と呼ばれる耳鳴り制御機器(サウンドジェネレーターやノイズジェネレーターとも呼ばれる)を装着し、雑音に慣れさせていきます。

 

ただし、TRT治療法を行ったからと全ての人が耳鳴りが気にならなくなるわけではなく、治療の効果を体感できない人が居るのも事実です。
最終的な治療の有効率は約7~8割というのをTRT治療を行う前に知っておいてください。

TRT治療法で行われる内容

TRT治療法の手順

 

TRT治療法で行われる治療ですが、基本的に耳鳴りを雑音だと認識しないようにし、気にならないようにする事が前提です。

 

治療で使用される音は「不快感を感じず、耳鳴りを遮蔽せず、耳鳴りの音色を変えず、それ自体が注意を引くものではない」という条件が付きます。

 

治療では耳鳴り音と治療で使用される音が混じって聞こえるように設定していきますが、これは医師と患者による調整が必要とされる部分で実際に話し合いながら行って行きます。

    【TRT治療の流れ】

  1. 耳鳴り検査装置を用いて雑音を聞かせる事で、耳鳴りが起きている時の音が気にならない条件を体感させる
  2. 治療音を出す装置を患者の生活環境に合わせて選ぶ
  3. 日常生活の中で耳鳴りが辛く感じる時間帯や状況を中心にし、実行可能な訓練を行う計画を立てる
  4. 治療開始から数週間後、音治療に使用している装置を医師の元に持ってきてもらい、音量と音質の適性をチェックする

TRT治療法はこの手順で行われ、3回目の外来までに患者は正しい音の使用方法を理解し習得できる流れです。

 

ですが、患者の中には耳鳴りからは意識が反れたとしても、雑音に意識が向かってしまう事で結果的に雑音を不快と認識してしまい、治療音を聞く事が困難になってしまうケースもあります。

 

TRT治療法と同時に行いたい耳鳴り対策

TRT治療法と同時に出来るおすすめの耳鳴り対策

 

TRT治療法は耳鳴りの不快音に慣れていく治療法です。

 

そしてTRT治療法と同時に行える耳鳴り対策もあるんです。同時に行っても治療効果が下がる事は無いのでご安心ください。

 

その同時に行える方法は「耳鳴り対策サプリ」の摂取です。もしかしたら初めて聞くかもしれません。

 

耳鳴りサプリというのは、耳鳴りの起きる原因の1つである自律神経の乱れを整えるのに必要なトリプトファンを摂取できるサプリメントなのです。

 

トリプトファンは神経伝達物質であるセロトニンを生成するための原料でもあるのです。

 

耳鳴りの原因の1つとして言われている事がセロトニンの不足です。ストレス過多になった状態でセロトニンが不足すると自律神経が乱れて耳鳴りが起こり始めます。

 

そこでセロトニンを作る為にトリプトファンが必要なのです。トリプトファンを最も効率よく摂取できる方法が耳鳴りサプリの摂取です。

 

主な原料になっているのは「蜂の子」と呼ばれる蜂の幼虫で栄養価は非常に高く、耳鳴りに有効なトリプトファンだけではなく、タンパク質やビタミン類も豊富です。

 

耳鳴りを起こす自律神経を整えるトリプトファンを食事で摂取しようとすれば、食材だけで非常に効果となってしまいます。

 

TRT治療を行っているのであれば治療費もかかりますし、それに加えて食費も高騰すると生活にも影響が出てしまいます。

 

トリプトファンを多く含む食材ですと、穀類・豆類・野菜・キノコ・牛乳などなど色んな食材がありますが、バランスよく摂取しようとすれば食材が高騰するのは目に見えています。

 

ですが耳鳴りサプリなら月4000円ほどの費用に抑えられます。しかも水で飲むだけで場所も選びませんし、持ち運びも簡単なんです。

 

以上の理由からトリプトファンの十分な量を摂取でき、なおかつ費用も抑えられる耳鳴りサプリの摂取をTRT治療と同時に行う事をおすすめします。

 

そして辛くて苦しい耳鳴りの不快音から解放され、スッキリとした毎日を取り戻せることを願っております。

 

以下に耳鳴りサプリをご紹介させていただきますので、ご参考ください。

 

山田養蜂場の酵素パワー蜂の子の特徴

耳鳴りサプリランキング

養蜂業の老舗である山田養蜂場が研究と検証を重ねた蜂の子サプリ
1日4粒で720mgもの良質な蜂の子を摂取することができます。
独自の酵素分解技術で蜂の子のたんぱく質を体に摂取しやすくし、サポート成分として抗ストレス成分「GABA(ギャバ)」とビタミンB2、ビタミンB12を配合。
厳しい品質基準をクリアした蜂の子のみを使用しています。
価格
通常4.572
評価
評価5
備考
定期コースで4,000円(税抜き)
花菜の厳選蜂の子の特徴

耳鳴りサプリランキング

実感力を高めるクアンソウ・イチョウ葉エキス・ナギイカダエキスをプラスオン! 1日3粒で750mgもの厳選蜂の子を摂取することができます。
初回半額の定期便は、休止・解約自由。
価格
通常6,980
評価
評価4.5
備考
定期コースで初回2,980円、2回目以降5,900円(税別)
ハチの子800の特徴

耳鳴りサプリランキング

W特許製法で吸収しづらいたんぱく質を酵素分解!低分子ハチの子を1日800mg摂取可能
イチョウ葉エキスにストレス社会対応成分GABAを追加配合。
価格
通常3,980
評価
評価4.5
備考
500円モニターセットは10日分。